メニュー

神奈川県の塗り替え・防水工事・リフォームは(有)ペイント・リフォーム・サービス大塚

   

マンション屋上防水、外壁塗装工事

この度、マンションの屋上防水及び外壁塗装の工事を、行いましたので施工事例を紹介いたします。
【屋上防水】
始めて屋上の現調を、見たときは、びっくりしました。一度、7年前に防水工事をしていたのですが、通気緩衝をしておらず、ウレタン塗膜防水が割れて、雨漏れしている状態でした。防水工事は、しっかりした知識と技術が求められるの施工になります。保証も最低10年は、ついてきます。流石に前回の施工は、酷すぎました。今回、弊社が施工するに辺り、材料メーカーにも現状を見てもらい、念入りに打ち合わせし施工いたしました。
施工手順
①プライマー塗布(下地との密着をよくする塗料)プライマーを塗る前に高圧洗浄をしています。事前に旧塗膜が割れている個所は、シーリングで補修しておきました。
②通気緩衝シート貼り(脱気筒も設置します。100㎡に1ヶ所ですので、約300㎡ある為、3か所設置しました。)
③ウレタン塗膜防水塗布(2回塗りしてしっかり塗膜厚をつけます。)
④トップコート塗布(ウレタン塗膜防水だと紫外線に弱い為、トップコートで紫外線からの劣化を防ぎます。)

使用材料
ダイフレックスDSカラーゼロ(ウレタン塗膜防水材)
専用プライマー
通気緩衝シート
DSトップコート
ジョイントテープ、脱気筒等

【外壁塗装】


外壁塗には、弊社がお薦めしているナノコンポジットWを、使用しました。まず、シーリングの補修が必要でしたので、新規打ち替え、クラック部シーリングを行い、下塗り塗装に入りました。外壁の塗装面が、エレガンストーン調の吹き付け部もあったので、下塗りに一度、シーラーを入れ、密着を良くしてからフィーラーをしっかり塗布し、ナノコンポジットWを2回塗りして、仕上げました。

使用材料
外壁 ナノコンポジットW
鉄部 セラMシリコン
錆止め 2液型強溶剤使用

塗装完了後、屋上防水、外壁塗装共に、施主様に大変満足して頂きました。


ページトップ