HOME > 工事レポート > 青葉区K邸工事レポート

青葉区K邸工事レポート


 
Befoer(施工前)
外壁工事
After(施工後)

Befoer(施工前)
屋根工事
After(施工後)

・・・青葉区K邸工事レポート・・・

今回の塗装工事は、今年の2月に完工したK様の工事をレポートします。 お電話を頂き早速ご自宅を拝見を拝見させて頂きました。 前回の塗装から10年位経過していてまず、
私が気になったポイントは、シーリングの欠損部でした
サイディングの欠点は、やはり一番重要な目路の接合部です、どんな厚みが有る良いサイディングを使っても目路が切れていては、雨漏りの原因につながります。ですので、既存の縦目路のシーリングを全て撤去して新規に打ち替える事です、それと外壁のコケ、チョウキングの酷さでした。前回の塗装では、アクリルを塗っているので防カビ対策や耐久性などを取っても劣っています。 私からの提案で水谷ペイントから出ている(世界初メンテナンスフリーのナノコンポジットW)をお進めしました。 この塗料の特徴は、塗膜が残っている限り塗膜そのもの自体がホコリやコケや汚れを浮かし、雨で流してくれて、耐久性もシリコンなので非常に強いです、従来の酸化チタンなど紫外線を浴びて科学反応を起こし汚れを浮かすシステムでは、ないので日が当たらない日陰の外壁でも低コストで安心して使用できます。 この項目を重点的に置きK様に説明をして今回の工事となりました。 工事とは全然関係の無い事ですがしばらくしてK様から他社の見積もりを見せて頂きました。 三社有りましたが一社は、壁の嵜瑤私が計った数より全然違う事でした有名なハウスメーカーでしたが使う塗料も見てビックリでした。もう一社は、嵜瑤脇韻己の仕様する塗料が10年以上前の物でした、もう一社は、足場の金額や塗装項目など一式計算が多く計測をしていないのかな?と思いつつ私も非常に勉強になりました。(知らないと言うのは、一番の欠陥かも知れませんね。)

・・・仕様材料・・・
外壁、ナノコンポジットW、5缶
屋根、遮熱塗料パラサーモ、2缶
窓枠、破風板、その他鉄部、エコシリコン1缶
シーリング材、ペンギンシール
足場自社施工


※画像をクリックすると拡大表示します。画像の右側をクリックすると次に進めます。

施工前

施工途中

施工完了

 


 

▲ページのトップへ