HOME > 工事レポート > 青葉区Y邸工事レポート

青葉区Y邸工事レポート


 
Befoer(施工前)
外壁工事
After(施工後)

Befoer(施工前)
外壁工事
After(施工後)

Befoer(施工前)
屋根工事
After(施工後)

・・・青葉区Y邸工事レポート・・・

お電話を頂き早速ご自宅拝見いたしました、奥様から外壁のヒビ割れが非常に多く、10年経ったので塗装が必要か見てほしいとの事でした。
私も見て思いました外壁のヒビが非常に多く大きいヒビや小さいヒビなどが縦、横に入っていました。
通常ですと、VカットやUカットなど工具を用いクラック処理を行いますが、Y様の場合は、ヒビの数は、沢山有りましたが、幅や深さなど工具を用いて施工するほどの物では、なくヒビに強いフィーラーなど一回塗るのでは、なくヒビが多い面など二回塗ってあげる事で綺麗に仕上がりヒビに強い塗膜を作りますと説明し、そして今回の塗装となりました、サイディンク゛などジョイントがシーリングで処理をしている壁などは、一回塗りで十分だと思います,フィーラー処理よりこの場合シーリングの撤去、そして新規の打ち替えが必要になります、ですからよく何でもヒビには、VやUカット処理と言う言葉を聴きますが、私はそうだとは、思いません、私も仕事柄よく他の家の外壁を見ているとせっかくVカットをしていてその上にシーリングで処理までしてよく見るとその部分だけミミズが這った跡のような模様など多く見ます、ここまで処理をしているなら既存の壁のテクスチャーの処理まで行うのがプロだと思います、そこでY様 の外壁のフィーラー処理は、ほとんど二回塗りに近い物で、フィーラーの希釈など通常で施工するよりも少なく希釈をして塗装をしました、上塗り材ですが、私か今一番信用がおける(ナノコンポジットW)と言う塗料で、とにかく汚れない、色あせしない、地球に優しい塗料です、地球温暖化対策で一番の問題は、CO2 ですこの塗料は、通常の塗料に比べCO2 の放出量がほとんど出ません、なおかつ塗膜が残っているかぎりセルフクリーニング機能も有り、光触媒に比べコストも安く信頼できる塗料です、屋根の塗装は、やはり夏対策で遮熱塗料をお進めしました、施工が終わりY様からもヒビの跡が無くなり、外壁の壁の色も満足でこれでしばらくは、安心ねと言って頂き私も安心致しました、そして最後にクーラーホースを全ヶ所巻き直しをして(サービス工事)完了となりました。

・・・仕様材料・・・
壁、下塗り材、水谷ペイント、ナノコンポジットフィーラー、6缶
壁、上塗り材、水谷ペイントナノコンポジットW 4缶
ボード板及び鉄部類、関西ペイント、エコシリコン、 1缶
屋根、日本特殊塗料、遮熱塗料パラサーモ 2缶
パテ、2液性エポキシパテ、 1セット
仮設足場、自社施工


※画像をクリックすると拡大表示します。画像の右側をクリックすると次に進めます。

・・・・・青葉区Y邸工事レポート・・・・・

施工前

施工途中

施工完了

 


 

▲ページのトップへ