HOME > 工事レポート > 東京都世田谷区 T邸・工事レポート

東京都世田谷区 T邸・工事レポート


 

・・・ 「世田谷区T邸・塗装工事完了後のコメント」 ・・・
T様からお電話をもらって早速ご自宅を拝見させて頂きました。新築時から14年だそうです私が思っていたよりは、目立った汚れもさほど無く所々にコケが多少有り薬品を使って落とすまでは、さほど必要が無いと思いました、薬品ですが中性、酸性と汚れ具合に合わせて使い分けます、磁器タイルや、素焼きレンガ、石レンガなどの種類にもよりますが汚れがひどい時などは、中性薬品では、落ちが悪いので強い酸性薬品を使います、この時にタイルやレンガなど水の吸い込みがあまり無い所より、撥水性が無い目路の部分に薬品が吸い込んでしまうのが怖いのです。目路その物は、モルタルや樹脂モルタルなどを詰めているだけで防水性は、まったく有りません。水洗いの不足で目路に薬品が残りクリアーを塗布した後に白く浮き出てくる事が有ります、それと水洗いをした後の乾燥不十分で中に溜まっている水と塗料が反応を起こし白く(チョーキング)する事が起こります、ですのでできるだけ薬品を使わず高圧洗浄でタイル、目路のコケや汚れを落とす事がポイントになってきます。そして洗浄が終わり汚れの落ち具合を見て部分的に中性、酸性の薬品を使い再度水洗いをし十分な乾燥時間を取って塗装に入った方がタイルやレンガ、目路にも負担が無く良いと思います(もっと詳しく知りたい方は、メール下さい詳しくお答えします)今回の塗装工事でのポイントは、タイルの目路にタップリと塗料を塗布する事ですこの目路をハケなどで一本、一本塗って行くのは、とても困難で、機械を使い吹き付けで目路にたっぷりと塗布するのが重要でした。タイルやレンガそのものからは、割れていたり剥がれていた場合を除き、水が入り雨漏れを起こすような事は、ほとんど無いと思います。目路を吹き付けする事により一緒にタイルもコーティングできタイルは、これ以上汚れないようにします。14年も経っているのでヒビ割れや目路が取れている所が結構有りました、本当は、二回塗りですが吹きつけと言うのも有り、全て三回塗りとしました。色々な現場を施工して来ましたが、T様のご自宅の様な厚みが有り目路が深いレンガなど高圧洗浄をしている時に2〜3枚剥がれ落ちてしまうのですが一枚も有りませんでした。T様もそう思っていて、剥がれ落ちたら10枚位持っているので心配ないよと言っていたのですが水洗いが終わり2人でビックリしました、「いやー思っていたよりしっかりと付いているなー」と言ってました。シーリング工事は、アルミサッシ廻りを全て打ち変えで、塗装が終わりT様と一緒に足場に乗り全てチエックして頂き目路の小さな穴やヒビは、シーリングをして完了となりました。四階建てで高さも有り足場を取った後自分でも綺麗になったなあと思いました。T様、この度は最終日まで色々と有り難う御座いました。看板の取り外しや、目路のシーリングのお手伝いや休憩中の高級なお菓子まで用意して頂き本当に助かりました、又いつの日かお手伝い出来る日を楽しみにしております。
仕様材料、タイルコーティング材、(タイルフレッシュ)12缶
シーリング材、(変成シリコン)
足場工事、自社施工
塩ビ配管、 ヱコレタン
サービス工事、網戸張り替え
保証書発行物件

 


 

▲ページのトップへ