HOME > 工事レポート > 青葉区K邸・室内白木・アク取り・カビ取り・漂白・コーティング塗装

青葉区K邸・室内白木・アク取り・カビ取り・漂白・コーティング塗装


 

・・・ 「青葉区K邸室内白木・アク取り・カビ取り・漂白・コーティング塗装完工後のコメント」 ・・・
今回の工事では、K様のご自宅の2部屋を施工させて頂きました。お電話をもらった後、ご自宅を拝見させてもらい、奥様の方からだいぶ古くなったので白木をペンキなどで塗り潰してしまうか、「元の白木の色に戻ればアク洗いをしたい」との事でした。実際塗り潰した方が私達は楽で、作業的にも簡単です、その内容も奥様にしっかりとお話しをました。外部など日焼けしてしまっている場所などにくらべ、室内の場合は、ほとんど綺麗に白く戻ります。色々お話した結果、アク洗いに決定しました。私が思うに外部で既存 の木そのものが傷みすぎていて、日焼け・カビが多く、木部が薬品負けしてしまうといった事が無い場合は、まずアク洗いで元の白さに戻します。この後に木部がこれ以上汚れない為・日焼けしない為・手あかがつかない為に、クリアー塗布や場所により、コーティング材を塗布する施工を、お進めしています。お客様から良く聞くお話ですが、「せっかくの白木を塗り潰された」なんて事、実際多く有ります。アク洗い作業という物は、何工程も有り、一つ、一つの作業を確実にこなして行かないと綺麗になりません。又、木の材質・種類により、作業の内容が変わってきます。塗装と言う知識では、アク洗いの作業は、でき無いと思います。ですから外部・内部のアク洗いについては、慎重にお考えになられた方が良いでしょう。せっかくの材質その物の美観が失われては、残念ですからね。工事が終わり白木の白さにご満足頂き、K様から塗り潰さなくて良かったと言って頂き、私も非常に満足でした、お部屋の荷物移動など手伝って頂き、有り難う御座いました。
工程内容・・9工程
和室2部屋白木部分
コーティング材・・ミヤキ木肌美人、4圈一缶
作業日数・・一日

 


 

▲ページのトップへ