HOME > RC面塗装レポート

RC面塗装レポート


 

RC(鉄筋コンクリート)面塗装レポート

このコーナーでは、一般的な外壁塗装と違うRC面の塗装工事の内容を載せています。 RCが長年経過して汚れやクラックなどが目立ってきて、(お手入れの仕方が分からない、どのような塗料を塗っていいのか?)など良くお聞きします、この様な時にピッタリの塗料です。 又、ただ塗装するのではなく、新築時の美観や風合いを取り戻す為に特殊工法をしRCにアバタなどを付け塗装をして行きます。 モルタル下地や外構廻り、基礎廻り、玄関ホール、地下駐車場、ベニアなど、色々な下地に仕様でき、場所によっては、RCに似せた補修塗装もでき結露対策など様々な長所も有ります。 撥水性、耐久性も非常に高く納得の行く塗装が求められると思います。

RC面塗装で使用する主な塗料
ランデックスコートWS疎水剤

ランデックスコートWS疎水剤

  • 水性カラークリアー塗料です。主に外部、内部のモルタル、コンクリートに使う塗料です既存の下地を生かしカラークリアーを塗布するので自然な風合いがとれます。また塗布後の水の撥水性も凄く透湿性もあり内部の湿気も外に逃し内部を痛める心配も有りませんお進めの塗料です。
  • メーカー:大日技研工業株式会社
ランデックスFCコート(ファンデーションコート)

ランデックスFCコート(ファンデーションコート)

  • 外部、内部のモルタル、コンクリートの専用塗料です。コケやサッシからの雨シミやモルタルのアク、汚れがひどい時に使います。水性塗料なので臭いもさほど有りません。(ただ塗るだけじゃつまらない打ちっ放しの風合いを残したい)と言う時に良いですね。自然な新築時の風合いをよみがえらせるファンデーション仕上げ塗料です 。パターンも載せているのでご覧下さい 。
  • メーカー:大日技研工業株式会社
RC面塗装レポート
実績RC面塗装レポート(詳細ページ)

    世田谷区K邸工事レポート

    ・・・ 「世田谷区K邸工事レポート」 ・・・
    今回の工事レポートは、打ちっ放しのモルタル塗装工事でした最初にお話を伺った時にただ塗り潰してしまうより何か他の塗装は、ないですかとお聞きしてこれはと思いFCコート仕上げをご提案させて頂き今回の工事となりました、ご自宅を拝見させて頂き特に気づいた所は、コケがひどい事とバクレツが所々有り、バクレツ補修が思っていたよりかなり有りました洗浄後再度モルタルの壁を見た所雨シミが多くモルタルのアクも出ていました、(こうゆうケースもあります)打ちっ放しの壁を施工する時に高圧洗浄でしっかりと汚れを落とした後シミもさほど無く綺麗な壁を取り戻せる場合が有りますそうなればクリアーやカラークリアーで塗布できて汚れもさほど気にならない場合が有ります、それともう一つ薬品洗浄です前回の工事レポートにも載せている内容ですが、本来モルタルやコンクリートは、アルカリ性で汚れを落とす薬品は、強酸性です相性が非常に悪いのですこれを使うとモルタルの表面がザラザラになり少し傷んだ表面になります、ですのでできるだけ一回で落とす事が重要になってきます、私もかなり薬品洗浄をしましたが一回、二回でも落ちない場合が有ります、わざわざモルタルを傷めてあげくに汚れが落ちきれない事とけっして安くない薬品洗浄の金額を考えるのであれば、最初の段階からFCコートをお進めしますこの塗料は、もの凄く撥水性、耐久性に優れていて、打ちっ放しモルタルの特徴で湿気がたまりやすいなど良く聴きますが、コーティングをした後、膨れてくる事も心配無く湿気を確実に外に逃がしてくれる機能が有ります又艶有り、艶消しをお選びになれます施工前の段階から完了後を見てもらい非常にご満足されてFCコートをお進めして良かったと思います、(打ちっ放しのRC面やモルタルの塗り替えでお悩みの方もっと詳しく教えますのでお気軽にご相談下さい、)
    仕様材料
    大日技研工業
    WSプライマー2缶
    FCコート2缶
    WS撥水クリアー2缶、艶有り
    樹脂モルタル1袋


    ※下の画像をクリックすると拡大表示します。画像の右側をクリックすると次に進めます。

    施工前

    施工途中

    施工完了

     

    | 2006年12月05日 | パーマリンク |


    ▲ページのトップへ

     

    ▲ページのトップへ